【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は前日比109・74ドル高の3万1603・08ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は60・35ポイント高の1万3925・71。

 米追加経済対策への期待感が相場を支えた。イエレン米財務長官が前日、CNBCテレビのインタビューで、巨額の経済対策で雇用情勢が大幅に改善するとの見方を示し、必要性を強調した。