東京都の小池百合子知事は2日午後、政府による新型コロナウイルスの緊急事態宣言延長を受けて臨時記者会見を開き、都内の感染状況について「減少傾向だが、年末年始の急拡大前の水準にすぎない。重症者数は高止まりしており、ここで緩めれば再拡大を招く」との認識を示した。

 飲食店に対する営業時間の短縮要請などは今後も同様の対応を継続。小池氏は「苦境は察するに余りある。一日も早く宣言を切り上げたい気持ちは同じだ」とした上で「そのためには徹底して人流(人の流れ)を抑え込んでいかなければならない」と理解を求めた。