男子テニスで右膝手術からの復帰を目指す39歳のロジャー・フェデラー(スイス)が3月のカタール・オープンに出場すると2日、地元メディアが伝えた。「そんなに大きくない大会で復帰したかった。そうすればストレスも小さくなる」と語った。昨年の全豪オープン準決勝敗退後は実戦から遠ざかっていた。

 復帰後の膝の状態が良ければ、ウィンブルドン選手権や東京五輪などを視野に入れるという。四大大会で20度制覇を誇る第一人者は「大きな勝利でまた喜びたい。長く厳しい道を行く準備はできている」と貪欲に話した。(共同)