ロッテの佐々木朗が19日、沖縄県石垣市の2軍キャンプで今季初めて打撃投手を務め、5分間で25球を投げた。球団を通じ「感覚を確かめること、そして直球をしっかりと投げ切ることを意識した」とコメントした。

 沖縄本島で練習試合を戦っている1軍から離れ、石垣市に残って練習を続けている。「できた部分と、できなかった部分が自分の中ではっきりしたので、悪かった部分を修正して次に生かしたいと思う」と振り返った。

 キャンプを新人から2年続けて1軍でスタートし、一時は練習の強度を落としたが、焦ることなく投球練習では力強い球を投げている。順調なら3月中に実戦登板の可能性もある。