【ヤンゴン共同】ミャンマーの首都ネピドーで9日に行われたクーデターへの抗議デモに参加し、頭部に銃撃を受け脳死状態に陥っていた女性のミャ・トゥエ・トゥエ・カインさん(20)が19日、死亡した。一連のデモ参加者で初の犠牲者となった。女性は治安部隊に実弾で撃たれた可能性が高く、内外の反発が強まるのは必至だ。

 地元メディアは19日、遺体が病院から運び出される様子などを伝えた。女性の姉は「闘いを続ける」と決意を語り、より多くの市民のデモ参加を呼び掛けた。

 女性は姉と共にデモに参加していた。担当医師は、エックス線撮影の結果から実弾が使われた疑いが強いと指摘している。