菅義偉首相の長男らと会食した総務省の秋本芳徳情報流通行政局長は19日の衆院予算委員会で、放送事業会社の子会社で役員を務める長男は「利害関係者に当たる」との認識を明らかにした。国家公務員倫理規程が禁じる「利害関係者からの接待」だった可能性が高まった。人事院は規程違反は減給または戒告の懲戒処分に当たるとしており、総務省は会食に応じた他の幹部3人や長男からの聞き取りを進め、処分内容の検討を急ぐ。

 武田良太総務相は、会食の回数や費用の負担者などの調査結果を22日に報告すると表明。長男と会食した谷脇康彦、吉田真人両総務審議官は同日の衆院予算委集中審議に出席する。