横浜国立大は19日、学生の成績評価などで不正を行ったとして、国際戦略推進機構に所属する50代の男性教授を懲戒解雇処分とした。

 大学によると、教授は学生の成績を恣意的に評価し、つじつまを合わせるために学生が提出した課題を捏造した。また、留学生プログラムの入試(定員12人)の合否判定で、他の教員の評価点を改ざんした。

 教授の成績評価や授業運営について学生から苦情が寄せられ、大学が調査。不正行為があった20年度留学生プログラム入試の合否を再判定し、4人を追加合格とした。

 長谷部勇一学長は「二度と不祥事がないよう教職員の服務規律の徹底に努める」とコメントした。