原子力規制委員会の更田豊志委員長は19日までの共同通信のインタビューで、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)のID不正問題に絡み「東電には(原発の)リーディングカンパニーとしてのおごりが福島第1原発事故以前からあり、事故以後もあるのではないか」との懸念を示した。

 東電は柏崎刈羽7号機の再稼働を目指すが、所員が他人のIDカードで中央制御室に入ったことが明らかになり、地元などから批判が出ている。

 福島の廃炉作業に関しては、建屋地下などにたまった高濃度汚染水の処理が進んだことなどを挙げ「大きなリスクと呼べるものがあまりないところまで来た」と評価した。