【ロンドン共同】英国のジョンソン首相は、19日の先進7カ国(G7)首脳のテレビ電話会議がG7議長国トップとしてのデビューの場となった。6月の対面形式での首脳会議(G7サミット)に向け新型コロナウイルス対策などで各国の結束をどう深めるかの手腕が問われる。

 ぼさぼさの金髪がトレードマークのジョンソン氏はロンドン市長や外相を経て、2019年7月に首相就任。当時、国内世論を二分していた欧州連合離脱問題に決着をつけ、昨年1月末に離脱を実現した。

 その後は自身も感染した新型コロナへの国内対応や離脱後の対EU貿易交渉に追われ、外交に力を入れてきたとの印象は薄い。