長年スポーツ界の女性進出に取り組んできた日本オリンピック委員会(JOC)の山口香理事は18日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長に就任した橋本聖子氏について「落ち着くべきところに落ち着いた印象。資質、能力をお持ちであることは、これまでの経歴が示している」と感想を述べた。

 選考過程に関しては疑問を呈した。「全く見えなかったので『最初からこうだったんでしょ?』と冷めてしまう」と率直に指摘。「透明性と言った以上、候補者の名前を出す以前の部分は公開する手はあったのでは。落ち着くところに落ち着いたにせよ、白熱した議論は見せられたと思う」と残念がった。