東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子新会長就任を受け、組織委評議員の川淵三郎・元日本サッカー協会会長が18日、同協会を通じ「評議員会では満場一致で橋本聖子さんの理事選任が決まった。誰もが望む人が就任し、良かったと思う」と談話を出した。

 女性蔑視発言で会長を辞任した森喜朗氏から後継指名を受けたが、不透明な経緯が批判されて辞退した。自身は選手村の村長として大会を支える意向で、「みんなで橋本新会長をもり立て、協力し合いながら、国民に支持してもらえるよう東京五輪・パラリンピックの成功に向けて取り組んでほしい」と、組織委の今後にも期待した。