自民党の竹下亘元総務会長は18日、フィギュアスケート男子の高橋大輔選手にキスを強要したと過去に報道された東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子新会長を擁護した。「スケート界で男みたいな性格なので、ハグなんて当たり前だ。セクハラと言うのはかわいそうだ」と党本部で記者団に語った。

 同時に「セクハラと思ってやっているわけではなく、当たり前の世界だ」と指摘。「セクシュアルな思いを持ってしたわけでは全くない。理解してあげてほしい」とも述べた。

 その後、竹下氏の事務所は報道各社に対し「男みたいな」とした発言に関し「正確には『男勝り』と言いたかった」と訂正した。