【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第11日は18日、メルボルンで行われ、

 男子シングルス準決勝では3連覇を目指す第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が予選を突破した四大大会初出場のアスラン・カラツェフ(ロシア)を6―3、6―4、6―2で下し、21日の決勝に進んだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大でメルボルンに課されていた外出制限の解除を受け、6日ぶりに観客を入れて開催した。