【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は18日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長に橋本聖子氏が就任したことを受けて談話を発表し「素晴らしい五輪の経験があり、最適な人選だ。女性を任命することで男女平等の非常に重要なシグナルを発信する」と歓迎した。

 バッハ会長は「豊富な政治経験を生かすことができ、政府や東京都、IOCと連携して安全な東京大会の実現に役立つ」と指摘。

 国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長は「7度出場の五輪選手、前五輪相として大会の環境を熟知し、組織委に強力なアスリートの視点をもたらす」と期待した。