【シンガポール、ジャカルタ共同】インドネシアのルトノ外相とシンガポールのバラクリシュナン外相が18日、シンガポールで会談し、クーデターを起こしたミャンマー国軍と、拘束されているアウン・サン・スー・チー氏らの対話実現を、東南アジア諸国連合(ASEAN)が主導するとの認識で一致した。

 ASEANとして足並みをそろえた対応を取るため、合意形成に向けた協議が本格化した。しかし内政不干渉が原則で、各国のミャンマー対応には温度差がある。効果的な働き掛けができるかどうかが焦点だ。