防衛省は18日、鹿児島県西之表市の馬毛島への自衛隊基地建設に向けた環境影響評価(アセスメント)に着手した。航空機の騒音による周辺への影響や、工事に伴う水質変化を調査。米軍空母艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)について、硫黄島(東京都)からの早期移転を目指す。反対姿勢の八板俊輔市長は反発を強め、共同通信の取材に「再三にわたって実施しないでほしいと伝えてきただけに、極めて遺憾だ」と述べた。

 馬毛島の新たな基地を巡り、防衛省は昨年、周辺で地盤強度を確認する海上ボーリング調査を開始。同省は中国をにらんだ防衛の拠点とし、訓練施設として米軍と共同使用する計画だ。