DeNAの平良が18日、沖縄県宜野湾市で行われた阪神との練習試合で3回を投げ、一人の走者も許さない完璧な投球を披露した。今年初の実戦登板を圧巻の内容で終え「しっかりコースに投げ切れた。全ていい感じで投げられている」と手応えをにじませた。

 2番手で四回から登板。直球、変化球とも捕手の構えたところに次々と決まった。マウンド上では余裕たっぷり。五回に4番井上を迎えた場面では見送り方を見て「変化球を待っているのでは」と察知。外角いっぱいの144キロの直球でバットに空を切らせた。

 開幕投手候補の一人。同じく候補の大貫が先発してやや制球に苦しんだのとは対照的だった。