日本高野連は18日、第93回選抜高校野球大会の臨時運営委員会をオンラインで開き、新型コロナウイルス感染症対策として、大会前に出場32校の選手らチーム関係者と大会関係者の計約千人を対象に、感染の有無を調べるPCR検査を実施することを決めた。また、学校関係者のみに販売するアルプス席で、ブラスバンドの演奏を禁止することになった。

 PCR検査の時期や方法、学校の応援活動の指針は、今月末をめどに策定するガイドラインに盛り込む予定という。

 ブラスバンドの演奏禁止に、日本高野連は書面で、演奏中にマスクを外すことで飛沫が拡散する可能性などを理由に挙げた。