五輪の最高位スポンサーであるトヨタ自動車の豊田章男社長は18日、報道陣の取材に応じ、東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長に橋本聖子氏の就任が決まったことを「心より歓迎したい」と期待感を示した。

 一方、豊田氏は組織委の会長人事を巡る混乱に関し「人生が懸かっているアスリートと国民が(五輪の)一番の主権者だが、不在と感じる」と指摘。「(国民からの)厳しい意見がスポンサーのわれわれのところに届いている」として、両者への配慮が必要と主張した。

 豊田氏は、森喜朗前会長の女性蔑視発言に対し「トヨタが大切にしてきた価値観と異なり、誠に遺憾だ」とコメントしていた。