西日本や東日本は日本海側を中心に荒天が続いてきたが、19日は上空の寒気が弱まり、冬型の気圧配置は次第に緩みそうだ。引き続き路面凍結や雪崩に注意が必要だ。

 気象庁によると、18日は鳥取県大山町で3時間に16センチ、兵庫県香美町や福島県檜枝岐村で13センチの降雪を観測した。

 19日午後6時までの24時間降雪量はいずれも多い所で東海20センチ、近畿、中国15センチ、四国8センチ。