総務省の秋本芳徳情報流通行政局長は、放送事業会社に勤める菅義偉首相の長男から昨年12月に接待を受けた際のやりとりとされる音声の一部について「自分の声だ」と認めた。衛星放送に絡む話題の部分は「記憶にない」と説明した。総務省幹部が18日の衆院予算委員会理事会で明らかにした。野党は、一部しか認めなかったことに「組織ぐるみの隠蔽だ」と反発。総務省に19日朝までの再回答を求め、結果次第では予算委審議に応じない構え。

 秋本氏はこれまで、許認可権を持つ衛星放送の話題が会食で出たかどうかについて「記憶はない」と答弁。野党は音声を根拠に答弁は虚偽との見方を強めている。