新型コロナウイルスワクチンの先行接種が18日、各地で本格化する。同日は水戸医療センター(茨城)で始まったほか、長野、岡山各県の医療機関で実施予定。他の地域もワクチンが届き次第、順次接種し、来週には対象の全国100病院全てに拡大見込み。安全性を調べるために実施される。副反応などへの情報公開が十分でなければ接種率にも影響を与えそうだ。

 菅義偉首相は午後、17日に先行接種を始めた東京医療センター(東京)を視察し、記者団に「医療従事者は効果を期待していると感じた。一日も早く全国の皆さんにお届けしたい」と述べた。

 19日には実施地域が大幅に広がるとみられる。