【ワシントン共同】米連邦通信委員会(FCC)は17日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)機器を米国内の通信網から取り除くための新規則を決定した。約19億ドル(約2千億円)を用意し、通信会社の撤去費用を肩代わりする。バイデン政権は機器利用を通じた中国政府への情報流出を警戒し、トランプ前政権の対中強硬姿勢を継続する。

 FCCはファーウェイと中興通訊(ZTE)を安全保障上の脅威と位置付け、米通信会社に対して補助金による機器購入を禁じ、既存機器の撤去や交換を求めていた。

 新規則では、撤去や代替製品の購入にかかった費用を補助する。