【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日続伸し、前日比90・27ドル高の3万1613・02ドルと、3営業日連続で過去最高値を更新して取引を終えた。米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハサウェイが株式取得を開示した銘柄が買われ、相場を押し上げた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は82・00ポイント安の1万3965・50と続落した。

 バークシャー・ハサウェイの投資が明らかになったのは、ダウ平均を構成する通信のベライゾン・コミュニケーションズと、石油のシェブロン。両社とも株価が上昇した。