【ワシントン共同】米国務省のプライス報道官は17日の記者会見で、米国と日本、オーストラリア、インド4カ国の外相によるオンライン会合を18日に開催すると発表した。中国の海洋進出を踏まえ「自由で開かれたインド太平洋」構想の推進に向けて協議するほか、新型コロナウイルス対策や気候変動問題での協力についても話し合う。

 ブリンケン米国務長官や茂木敏充外相らが出席する。4カ国による外相会合は昨年10月に東京で開催して以来で、バイデン政権発足後は初めて。米側は4カ国による初の首脳会合開催を各国に打診しており、外相会合でも議題に上る可能性がある。