【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は17日、事実上のゼロ金利政策を維持することを決めた1月26、27日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を公開した。新型コロナウイルスの感染拡大でより大きな打撃を受けた低所得者層の支援には「財政政策による持続的な対処が有効」と分析。急激な物価上昇の可能性は低く、金融緩和を長期継続する方針も確認した。

 総額1兆9千億ドル(約200兆円)の追加経済対策案を掲げるバイデン大統領に対し、野党共和党は財政支出の拡大に難色を示す。FRBは格差是正という面からも財政出動を促した形だ。