【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)が17日発表した1月の鉱工業生産指数(季節調整済み)は前月から0・9%上昇し、4カ月連続のプラスとなった。前年同月比では1・8%下がった。

 製造業は前月より1・0%上昇。鉱業が2・3%上がり、電力・ガスは1・2%低下した。

 1月の設備稼働率は前月から上昇し、75・6%となった。製造業と鉱業の稼働率が上昇した一方、電力・ガスは下がった。