東京都日野市の土地区画整理事業を巡り、助成金8千万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は17日、詐欺容疑で、元副市長で当時「川辺堀之内土地区画整理組合」の幹部だった河内久男容疑者(79)=東京都多摩市和田=と同組合職員の男2人の計3人を逮捕した。同日、市役所や組合事務所を家宅捜索した。

 捜査関係者によると、河内容疑者は副市長退任後の2012年に組合の理事長相談役に就任。3人は虚偽の事業計画書を提出して総額5億円超を不正請求していたとみられる。13年に約870万円だった河内容疑者の報酬は17年に約4400万円に引き上げられていた。