香川県三豊市が2022年4月に公立夜間中学を設置する方針を固めたことが17日、関係者への取材で分かった。山下昭史市長が19日に表明する。徳島、高知両県が今年4月に夜間中学を開校するため、四国の空白県は愛媛だけとなる。

 文部科学省は17年施行の教育機会確保法に基づき、全ての都道府県と20の政令指定都市に設置を促しているが、設置は1月末時点で10都府県と7政令市の34校にとどまる。札幌市と相模原市が22年4月開校を目指すほか、静岡県も23年4月に設置する方針を公表した。

 香川県西部の三豊市の人口は約6万人。工場などで働く外国人は増加傾向で、約千人が暮らす。