鳥取県の平井伸治知事は17日、丸山達也島根県知事による東京五輪の聖火リレー中止意向について「真意は分からない」とした上で、山陰両県では住民の協力などで感染を抑えてきたことから「大都市の感染状況に不安を感じる丸山知事の心情は非常に理解できる」と県庁で記者団に述べた。

 同時に「五輪を開催するのかどうかや、感染状況を見定める必要がある」とし、鳥取県内の聖火リレーの準備を止めていることを明らかにした。各自治体に混乱も生じ始めているとして「実施するのかどうか早めに決着をつけてもらう必要がある」と国に求めた。