大阪府の吉村洋文知事は17日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の解除要請について、来週中に京都府、兵庫県の両知事と協議したいとの意向を示した。具体的な日程は「未定」とした。3府県は国に解除を求める際は足並みをそろえるとしており、京都の西脇隆俊知事も同日、擦り合わせは「来週がいいのではないか」と述べた。

 大阪は19日に対策本部会議を開き、府内が要請できる状況にあるかどうかを検討する。吉村氏はその上で「できるだけ早く両知事に(協議を)呼び掛けたい」とした。

 3府県はそれぞれ、新規感染者数や重症病床使用率を指標に、解除要請の基準を独自に設定している。