大阪府警は17日、勤務していた大阪市北区の高級ホテル「コンラッド大阪」に虚偽の請求書を提出し、設備のメンテナンス費用などの名目で計約1050万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、大阪市城東区蒲生、元従業員相原尚之容疑者(51)を逮捕した。「借金返済や生活費に充てた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は2017年12月~19年3月、コンラッドに虚偽の請求書を提出し、4回にわたり知人の会社名義の口座に計約1050万円を振り込ませた疑い。

 府警によると、相原容疑者は17年6月の開業時から設備メンテナンスの責任者で、同ホテルには存在しない設備の費用を請求していた。