【シドニー共同】オーストラリアの有力紙などを擁する複合メディア大手が17日までに、米グーグルにニュース記事を提供し、使用料を受け取ることで合意した。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が17日、複数の業界筋の話として同紙やテレビ局などを傘下に置くメディア大手ナイン・エンターテインメントがグーグルの新サービス「ニュースショーケース」などに参加すると伝えた。

 グーグルがニュースの見出しや概要を表示してアクセスを増やし、デジタル広告で高収益を上げる一方、新聞社などのメディアは販売部数や広告収入の減少で経営が悪化していた。