野上浩太郎農相は17日、日本中央競馬会(JRA)のトレーニングセンターで働く調教助手らによる持続化給付金の不正受給疑惑を受け、JRAに事実関係を把握するよう指示したと明らかにした。衆院予算委員会で「競馬への信頼を確保するため、不正受給があれば返還させるなど厳正な対応を取るよう指示した」と述べた。

 立憲民主党の後藤祐一氏への答弁。調教助手や厩務員を巡っては、レースの獲得賞金に応じて得られる報酬が新型コロナウイルスの影響で減少したとして、国の給付金を不正に申請し、受け取った疑いが浮上。調教師会が返還を求めている。農林水産省は競馬法を所管している。