大阪府茨木市千提寺の土木建築会社「乾開発工業」の資材置き場で昨年10月、ブロック壁が崩れ、積み上げていた土砂とともに近くにあったプレハブの建物を押しつぶし、中にいた男性1人が死亡、3人がけがをした事故で、府警が17日、宅地造成等規制法違反の疑いで同社と茨木市にある関連会社を家宅捜索したことが捜査関係者への取材で分かった。

 茨木市によると、事故が発生した場所は、宅地造成等規制法で「宅地造成工事規制区域」に指定され、工事の際は事前に市の許可を得る必要がある。府警は許可の有無や工事内容について詳しく調べ、業務上過失致死傷の疑いも視野に捜査している。