高松市で昨年9月、女児2人を乗用車内に長時間置き去りにして熱中症で死なせたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親竹内麻理亜被告(27)の裁判員裁判が17日、高松地裁(近道暁郎裁判長)で開かれた。検察側は懲役6年を求刑し結審した。判決は19日。

 検察側は論告で「高温の状況下で15時間放置しており、無責任かつ悪質。動機も家族に知られずに飲みたいというもので、強く非難されるべきだ」とした。

 弁護側は、育児疲れや夫との関係で精神的に苦悩を抱えていたとして、寛大な判決を求めた。

 起訴状などによると、被告は車に長女(6)と次女(3)を置き去りにしたとしている。