【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は17日、金正恩総書記と李雪主夫人が16日、平壌で故金正日総書記の生誕79年を祝う記念公演を観覧したと伝え、2人並んだ写真を掲載した。李雪主氏の動静が明らかになるのは昨年1月以来、約1年ぶり。

 この間、姿を見せなかった理由は不明。韓国の情報機関、国家情報院は16日、非公開の国会情報委員会で「特異な動きはなく、子どもたちとよく遊んでいる」と説明し、新型コロナウイルス対策などのためとの見方を示していた。

 写真では誰もマスクを着けておらず、間隔も空けていなかった。コロナ封じ込めを誇示する狙いもありそうだ。