【北京共同】中国公安省は17日までに、2020年の新生児数が前年比15%減の1003万5千人だったと発表した。4年連続の減少。中国メディアは、住宅費や養育費の負担などが減少の原因と分析している。

 中国では1979年から続けてきた「一人っ子政策」を2016年に撤廃。この年の出生数は増加したが17年以降、減少に転じた。総人口も27年ごろに減少に転じるといわれている。

 中国誌「三聯生活週刊」は、多くの若者が高騰する住宅費のため生活に余裕がないと指摘。また教育費を含む養育費は「中産階級でさえ大きな負担」という。中国の大都市の住宅購入費は年収の十数倍とされる。