【ロサンゼルス共同】米大リーグ、レッドソックスは16日、プロ野球ロッテから海外フリーエージェント(FA)権を行使した沢村拓一投手(32)と2年契約を結んだと発表した。3年目は双方に選択権が付く。米メディアによると、2年の総額は300万ドル(約3億2千万円)。

 レッドソックスは、昨季は24勝36敗でア・リーグ東地区の最下位に終わった。筒香嘉智外野手の所属するレイズとは同地区になる。

 沢村は11年にドラフト1位で巨人に入団。1年目に11勝を挙げて最優秀新人に選ばれ、16年にはセーブ王に輝いた。昨年移籍したロッテでは救援で22試合に登板、防御率1・71だった。