【ニューヨーク共同】代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインの価格が16日、1ビットコイン=5万ドル(約527万円)の大台を初めて突破した。米電気自動車(EV)大手テスラによる投資が明らかになるなど、米企業で受け入れる動きが続き、安心感から買いが広がった。

 昨年10月ごろは1万ドル程度で推移していたが、機関投資家による投資が相次いだことをきっかけに急騰。新型コロナウイルスの流行に伴う金融緩和を背景に投資マネーの流入が続いている。

 今年2月に入ってテスラが15億ドル分を取得したことが判明し、ビットコインによるテスラ製品の購入を受け付ける計画も示した。