茂木敏充外相は16日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に侵入を繰り返す中国海警局の船舶に厳しい姿勢を示した。「断じて容認できない。わが国海域での海警船舶の行動そのものが国際法違反だ」と述べた。外務省は同日、中国政府に対して厳重に抗議している。

 中国が海警局に武器使用を認める海警法を施行し、尖閣周辺は接続水域を含め緊張感が高まっている。茂木氏は「中国海警法により、日本を含む関係国の正当な権益を損なうことがあってはならない」と強調した。