河野太郎行政改革担当相は16日の記者会見で、米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン接種について、65歳以上の高齢者には「4月から接種を開始することを見込んでいる」と明らかにした。接種期間は2カ月と3週間を想定。全ての対象者への接種がほぼ終了する時期については「まだ定かではない」と明言を避けた。

 高齢者向け接種開始時期は「(ワクチンの)供給量を確保した上でお知らせしたい。4月1日より前に接種を始めることはない」と指摘。接種を管理する国の新たなシステムに関し、17日に自治体への説明会を実施し、高齢者接種の開始に合わせて稼働させる意向を示した。