右肩の不調と、昨年末に新型コロナウイルスに感染した影響で調整が遅れていたソフトバンクの東浜が、ブルペンで傾斜を使った投球動作を確認した。「感覚も良くなってきたので、キャッチボールの延長で傾斜の確認をした」と、力を抑えつつ捕手を立たせて投じた。

 昨季は規定投球回数にわずかに届かなかったが9勝(2敗)を挙げ、先発陣の柱として活躍。今季もかかる期待は大きい。「コンディションも良くなってきているので、順調にいけばブルペン入りも近いと思う」と、明るい口調だった。(宮崎市)