2020年分の所得税の確定申告が始まった16日、日本中央競馬会(JRA)の武豊騎手(51)=京都府出身=が大阪市中央区の大阪国税局でスマートフォンを使って国税電子申告・納税システム(e―Tax)を模擬体験した。新型コロナが流行する中「非接触で申告できるのは良い。多くの方にトライしていただければうれしい」と語った。

 武氏は支払った医療費の控除を受ける設定で申告書を作成。「決して(操作が)得意ではないが思ったより簡単」と、約7分で作業を終えた。

 税務署などを訪れる必要はないが、大阪市の合同会場では職員のサポートを受けながら手続きをする人も見られた。