愛知県の大村秀章知事は16日、自身に対するリコール(解職請求)運動を巡って運動事務局の指示でアルバイトが署名を偽造した疑いに関し「(事実なら)極めて悪質な不正行為だ。捜査当局は速やかに事実関係を解明してほしい」と述べた。県庁で記者団の取材に答えた。

 リコール運動を主導した美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長と、支援した河村たかし名古屋市長らに対し「組織的関与について真実を解明し、説明する責務がある」と求めた。

 河村氏は16日、市内で記者団の質問に答え、不正への関与について「動機がない。考えられない」と改めて否定した。