新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われた甲府税務署職員藤山雄太被告(26)は16日、名古屋地裁一宮支部(斉藤一美裁判官)で開かれた初公判で、「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、被告が申請のマニュアルを作成、500~600件の確定申告書を偽造し、報酬400万~500万円を受け取っていたと指摘。「パソコン内に『金のなる木』というフォルダーを作り、申請者の一覧などを管理していた」と明らかにした。

 被告は税務署職員としての知識を悪用し、確定申告書を偽造したとみられる。