西村康稔経済再生担当相は16日の会見で、新型コロナウイルスの感染再拡大の兆候を検知するための集団検査を月内に栃木県で始めるとの見通しを明らかにした。飲食店が集中する繁華街のほか「事業所や学校など協力いただけるところと連携して取り組みたい」と語った。政府と栃木県が詳細を調整している。

 集団検査は今年に入って緊急事態宣言が発令された11都府県が対象。9日の閣議で予備費から81億円の拠出を決めており、無料で受けられる。まずは栃木県から始め、将来的に1日で計1万件程度まで拡大する方針だ。

 政府は今後、内閣官房のホームページで検査に協力する事業所や大学などを募る。