【ソウル共同】旧日本軍の韓国人元従軍慰安婦、李容洙さん(92)らが16日、ソウルで記者会見した。慰安婦問題を国際司法裁判所(ICJ)に付託し、国際法に基づく解決を模索することなどを文在寅大統領と菅義偉首相に呼び掛けた。

 李さんは「日本が過ちを悟って反省するよう、国際司法裁判所の判断を受けてください」と訴えた。「お金がほしいのではない。完全な(事実の)認定と謝罪を受けなければならない」とも強調。他界した元慰安婦らに慰安婦問題が解決されたと報告したいと語った。

 慰安婦問題では、日本政府に元慰安婦らへの賠償を命じたソウル中央地裁判決が確定している。