上川陽子法相は16日の記者会見で、京都市で3月7~12日に開催される「第14回国連犯罪防止刑事司法会議」(コングレス)に、10カ国程度が閣僚級を派遣する予定だと明らかにした。

 会議は来場参加とオンラインを組み合わせた「ハイブリッド方式」で実施。来日するのは国連職員を含め200人近くとなる見通し。上川氏は「新型コロナウイルスの感染症対策を整え、安全・安心に開催できるよう気を引き締めていきたい」と述べた。

 当初は2020年4月の開催予定だったが延期となり、新型コロナ感染拡大以降、国内で開催する初の大規模国際会議となる。