【ニューヨーク共同】カナダ政府は15日、政治的動機に基づいて外国人を恣意的に拘束することは国際法違反だと糾弾し、懸念を示す宣言を発表した。ロイター通信によると、日米やEU加盟国を含む計58カ国が支持を表明している。

 国家機密を探った罪などでカナダ人2人が中国当局に拘束されていることもあり、カナダ政府が宣言作成を主導。宣言に法的拘束力はなく、恣意的拘束についての国際社会の関心を高め、中国などに対する圧力としたい考えだ。

 宣言は批判対象として特定の国には言及していないが、カナダのメディアによると、北朝鮮やロシア、イランへの非難も念頭に置いているという。